聴覚障害学生支援に関する 実践事例コンテスト2018 準PEPNet‐Japan賞受賞

各種取組み

2018年11月23日

記事を気に入ったらシェアしよう

  • line
  • twitter
  • b!
  • facebook

 平成30年10月28日(日)に、「第14回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム」が開催され、その中で行われた「聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2018」において、本学しょうがい学生支援室の「見えないものと向き合う」が、準PEPNet‐Japan賞を受賞しました。

 表彰式の様子

 このコンテストは、全国の大学・団体が日頃実践している支援や取り組みを発表し、参加者同士が情報交換を行いながら創意工夫やアイデアの斬新さを確認する事を目的に実施されているものです。11回目の参加となる今回は、盲ろう者に考慮し、専門教員の協力を仰ぎながら趣向を凝らしたポスター作成を目指しました。発表当日は、一人ひとりに丁寧に向き合って説明を行ったことが、参加者から評価を得る結果となりました。

 

 

 

 

ポスターをもとに説明する様子

各種取組み

記事を気に入ったらシェアしよう

  • line
  • twitter
  • b!
  • facebook
  • オープンキャンパス
  • YouTube
TOP